標的型メールは見抜くことが難しい。は誤りです

標的型メールはあなたにも作ることができます

模擬の標的型メールを使って、標的型メールを体験してみませんか?模擬の標的型メールは、あなたにも簡単に作ることができます。この動画では、模擬の標的型メールをどうやって作成するか?その方法をご紹介します。

悪意を持った輩から会社を守るためには、会社のパソコンを操作する、また、会社のパソコン宛にメールを送る機会のある従業員全員が、標的型メールについて理解し、標的型メールにまんまと騙されてしまうようなことがないようにすることが、被害の発生を防止するための第一歩です。

標的型メールの手口は日々進化するため、標的型メールについて理解していたからといって、100%被害の発生を防げるものではありませんが、標的型メールについて知らない従業員がいれば、攻撃者の手口に容易に騙されてしまうのは確実。

悪意を持った輩にみすみす騙されてしまうのは何とも悔しいものですよね。

ご自身で標的型メールを作ることができれば、会社の従業員に模擬の標的型メールを体験してもらって、標的型メールとはどういうものかを手軽に実感してもらうことができます。

実際に見ると聞くでは、印象は大きく違うもの。ネットリテラシーがあまり高くない従業員であれば、説明を聞くよりも、実際に体験してもらう方が理解が早いというものです。

悪意を持った輩に、好き放題やられないために!座学だけでなく、実際の体験によって、標的型メールの怖さを知る「標的型メール訓練」の実施を是非お薦めします。

【こちらも併せてどうぞ】
https://kit.happyexcelproject.com/sample/ では、自動送信にて、模擬の標的型メールのサンプルを配布しています。この動画と併せて、標的型メールがどういうものか、実際に体験してみて下さい。

サブコンテンツ