標的型メールは見抜くことが難しい。は誤りです

標的型攻撃メール対応訓練実施キットの特長

標的型攻撃メール対応訓練実施キットは、以下の特長を併せ持った、体験型演習の実践キットです。

特長その1 自前で標的型攻撃メールの演習が実施できます

標的型メール訓練は自前でできることをご存じですか?キットを手に入れることで実現できること。それは、外部に委託することなく、標的型攻撃メールを従業員に体験してもらう演習を、完全自前で実施できることです。

標的型攻撃メールの演習を外部の業者に委託すれば、演習の対象となる従業員数に応じて、1回の実施に付き数十万円~数百万円の見積もりを提示されることになります。

それだけの予算を毎年計上しなくて済むということは、毎年、それだけの費用が浮かせられるということ。そして、いつ、何度でも、費用を気にすることなく、自由に演習を実施できるということです。

もう、かかる費用を気にして、演習の実施内容に制限を加えたり、やりたいことをあきらめる必要はありません。

特長その2 手間をかけることなく演習が実施できます

ポイント幾ら自前で演習ができるからといって、ただ単に、面倒な作業を内製でやれるようにしただけ。では、出て行くものが「お金」から「時間と労力」に変わったというだけです。

キットは、標的型メール演習を内製で実施できるようにするだけでなく、ツールの提供によって、手間もかけることなく、演習をできるようにしている点が大きな特長。

何せキットは、実際に標的型メール演習を毎年、内製で実施している企業の現場において、「属人に頼ることなく」「面倒な作業をせずに」「すぐに上司に結果報告ができる」ことを実現したいという要望から生まれたものだからです。

  • 個別のビーコン画像を埋め込んだWord文書ファイルを一気に作成するExcelマクロツール
  • メール本文中に個別のURLリンクを埋め込みながら、メールを一括で送付するExcelマクロツール
  • 誰が模擬マルウェアを開いてしまったか?を一括集計するExcelマクロツール

など、演習を実施するのに必要なツールを網羅。しかも、ツールを使うのに特殊な知識やスキルは必要ありません。作業の実施自体は、例えば総務部の事務職の方でも、通常の業務の片手間でもできるほどに簡単に行うことができます。

特長その3 専用の設備は要りません

ポイント自前で標的型攻撃メールの演習を実施するのに、専用の機材は必要ありません。

今お使いのパソコンが1つあれば、演習は十分実施できます。もちろん、Webサーバ用のサーバ機材などがあれば、それに越したことはありませんが、あったほうがよりベターだというだけで、必須ではありません。

専用の機材が要らないということは、その分予算も少なくて済むということであり、また、規模の大きな企業であれば、関係部署との調整事項も少なくて済むということにもなります。こうした点も、演習をやりやすくするポイントの一つです。

特長その4 演習の実施に必要なものは全て揃っています

ポイントキットは単に、演習で使用する、模擬の標的型攻撃メールを作るためのツールを提供するというものではありません。

演習を実施する前に行う、ユーザ向けの教育用資料や、演習実施後のアンケートの設問集、そして、演習で使用するメールの文例や、演習実施担当者向けの手引き書など、演習の実施前から実施後まで、演習実施に際して必要となるものが揃っています。

キットがあれば、異動や退職によって担当が交代することがあっても引き継ぎはスムーズ。内製で演習が実施できたとしても、マニュアルも何もなく、今の担当者が居なくなったら誰にも分からない。というのでは困ってしまいますが、キットがあれば、そんなことはありません。

意外とありがちな「属人頼り」ですが、キットがあれば、属人に頼ることなく、誰にでも演習を実施することができます。

特長その5 様々な攻撃の手口を再現することができます

ひとくちに標的型攻撃メールと言っても、Wordの文書を添付したり、Windowsのショートカットを悪用したり、ファイルの拡張子を偽装したりと、その手口は様々です。

様々な標的型攻撃メールの手口

メールの受け取り手を騙そうとするメール本文の書きっぷりや、差出人名の詐称も考慮すれば、無数とも言えるほどの手法が考えられます。

実際に標的型メールを受け取って驚く標的型メールは、一目見れば「怪しいメール」だとすぐに分かるというのは、誤った思い込みです。

標的型メールの中には、「怪しいメール」かもしれないと思いつつも、開かざるを得ないと思わせるような「心理の隙」を突いてくるようなものも存在します。そんな手口もあるのだということを全く知らなければ、安易に引っかかってしまうかもしれません。

キットがあれば、ワンパターンの演習に陥ることなく、独自の演習を実施することができます。従業員の方々に、標的型攻撃メールの手口には色々なパターンがあるのだということを、実際に体験して知ってもらうことは、応用の利いた対処ができるようなスキルを身につけさせるのに有効な方法です。

キットの価格と構成のページへ
キットの事がサクッとわかる「ケイコとマモルのキットQ&A」のダウンロード
キットに関する各種資料のダウンロードページへ

キットのお申し込みやお問い合わせはこちらからどうぞ

ご連絡先メールアドレス 必須入力
(ご返信先のメールアドレスを入力願います)

※フリーメールアドレスからのお問い合わせにつきましてはご遠慮ください。

【差し支えなければ、本サイトに訪問いただいたきっかけについて教えて下さい】

以下の2項目について選択をお願いします。

お問い合わせ内容

複数選択可

必須選択

キットの見積依頼、また、ご注文につきましては、以下いずれかを選択して下さい。

上記以外のお問い合わせに関しては、以下いずれかを選択して下さい。(複数選択可)

※キット説明会につきましてはこちらのページをご参照ください。

zipファイルを受信できるか否か

必須選択

※返信に際して資料をお送りさせていただく場合に、Gmailなど、zipファイルを添付したメールは受信できない環境がございますため、お尋ねします。

以下は任意入力の項目となります。知らせておいた方が良いと思う項目があればご入力下さい

企業・団体名  任意入力
所属部署名  任意入力
ご担当者様名  任意入力
書類送付先ご住所  任意入力
ご連絡先電話番号  任意入力
ご連絡事項・ご相談事項
(頂いた内容には心を込めてご返信致します)

任意入力

※「送信する」ボタン押下後、Thank youページにジャンプしない場合は、必須項目が未入力か、メールアドレスが全角で入力されているなどの誤りがあるかのどちらかですので、ご入力いただいた内容をご確認ください。
キットのご購入に関するご説明をご覧になりたい方は、こちらのリンクをクリックして下さい。
※上記フォームがご利用になれない場合は、お手数ですが、ask@kunrenkit.jp宛にメールをお送りください。
※弊社プライバシーポリシーに関するご説明はこちらのページをご参照ください。

サブコンテンツ