標的型メールは見抜くことが難しい。は誤りです

既に標的型メール訓練を実施されている方、また、これから実施される方へ

キットはコストと手間を削減することに成功した実際の事例から生まれました。

自社で標的型メール訓練を実施することを考えた時、以下のように思われる方は非常に多くいらっしゃいます。もしかすると、あなたもその一人なのではないでしょうか?

  1. 専門の知識が必要だから、専門家にお願いしないと実施できない。
  2. 訓練メールの配信と結果集計に専用の機材が必要だから、業者に委託しないと実施できない。
  3. 訓練を実施するには、それなりのシステム構築が必要。

要は、セキュリティに関する専門の知識を持った専門家が自社内に居て、且つ、訓練を実施するための専用のシステムを構築できないと、自社単独で訓練を実施するなんて無理。と考える方は多い。ということなのですが、「標的型メール訓練を実施する」ということに限っては、どちらも真実ではありません。

実際、ある大手企業ではエンジニアがWebサーバを使い、毎回、手作業で標的型メール訓練を実施する。ということを行っていました。しかし、これでは訓練実施の度に手間も時間もかかり、しかも、そのエンジニアの稼働の都合がつかなければ実施できない。という問題がありました。

この問題を解決するため、それまでエンジニアが手作業で行っていたものを、Microsoft Excelを活用したツール化によって簡素化し、エンジニアに頼らずとも、誰にでも簡単に手早く実施できるようにすることで、コストと手間を大幅に削減し、いつでも、何度でも、実施したいタイミング、そして、予算などの制約に縛られることなく、自社で実施したいと考える訓練を実施することを可能にしたのが、このサイトでご紹介する「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」です。

キットは、実際にある大手企業が得た成功体験を、あなたの会社でも体現してもらいたい。その想いから生まれた商品なのです。

これまでに実施された標的型メール訓練は如何でしたか?

御社が訓練を業者に外注して実施されているのであれば、もしかしたら、以下の事柄が課題として挙がっている。ということはないでしょうか?

  1. 開封率が下げ止まっていて、これ以上やっても目立った成果が得られそうにない
  2. 訓練実施の度に出て行く費用をもっと安くできないか?
  3. もっと色々なパターンで訓練を実施してみたい

また、自前で訓練を実施されていらっしゃるのであれば、仕組みを自前で持たれているのではないかと思いますが、開封者情報をWebサーバを使って集計するような形式を取られている場合、集計の手間が大変だったり、仕組みの設定が属人任せで、わかる人が異動などで居なくなったら誰も対応できないといった不安を抱えている。というようなことはないでしょうか?

訓練は繰り返し実施するもの。余計なコストや手間は省きたくありませんか?

「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」があれば、訓練実施のために専用のWebサーバを用意するといった必要はありません。

専用の仕組みが不要ということは、その分、手間やコストがかからないということです。訓練実施の度に手間やコストがかかっていたのでは、予算が厳しくなったり、人手が足りなくなるなどの要因が発生すれば、実施を見送るという話も出かねません。

自前で実施するならコストはかからないので、あとは手間さえかからなければ、いつでも実施が可能ということになります。コストも手間もかからず、いつでも実施できるというのであれば、「やらないよりはやっておけ」という話になり、予算などの関係で訓練が実施できないということもなくなるはずです。

また、毎年実施する訓練にコストをかけずに済むなら、その分、セキュリティ関連のシステムを強化したり、教育研修の内容を充実させるなど、他の優先事項に予算を回すことができます。

訓練は毎年実施するだけに、属人に頼らない仕組み化が重要です

組織が大きくなればなるほど、異動や退職は付きものです。ですから、訓練を実施するということに限らず、業務を属人に頼らない仕組みにすることはとても大切なことです。

標的型メールが存在し、被害に遭うことをシステムによって100%防ぐことが難しい。という状況が続く限り、訓練を毎年繰り返し実施し、人的な側面からも防御を図るようにすることは大事なことと言えます。それだけに、経験のある担当者が異動になったら訓練が実施できない。というようなことになっては、目も当てられません。

また、システムに詳しい担当者の方がゼロから自前で用意した仕組みでは、引継ぎ用の資料まで含めてしっかり作り込まない限り、その仕組みを構築した担当者に依存するものとなりがちです。

その点、専用の仕組みが要らず、訓練実施のための手引書も用意されている「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」なら、新しい担当者に代わることになっても、スムーズに訓練を実施いただくことが可能です。

もっと色々なパターンで訓練を実施してみたいと思いませんか?

訓練実施を外注に頼る場合、コストが抑えられるサービスもありますが、その場合は訓練メールのパターンが制限されているなど、安い分、制約があるものです。

これは致し方ないことですが、訓練メールのパターンが制限されてしまっては、最初の1回目はよいですが、2回目以降は訓練であることが見透かされてしまいがちです。また、もっと他のパターンで訓練を実施したいと思っても、利用しているサービスによってはできない。ということもあります。

「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」なら、模擬のマルウェアも、訓練メールも、自分で自由に作って送付することができるので、制約がありません。

また、業者に訓練実施を委託した場合、業者が標準としている方法から外れるような内容のものをやろうとすると、追加料金が発生するケースもあり、色々やろうとすると費用が膨らんでしまうということもありがちですが、自前でやるなら、このようなこともありません。

コストを気にしないで良いので、年に何回でも実施することができ、しかも、内容も自由に設定することができる。本気で訓練の充実を図りたいと考えているなら、自前での訓練実施以上に最良の選択はないと思うのですが、いかがでしょうか?

再現できる訓練実施のタイプ

キットを使って実施できる標的型メール訓練のタイプ

専門の知識や技術がないと、自前では実施できないということはありません

自前で訓練を行う方法がある。そして、そのための便利な道具もある。と言われても、セキュリティ技術に詳しくない方からすれば、「それは知識のある人だからできることでしょ」と思われるかもしれません。

しかし、それは単なる思い込みに過ぎません。もし、今あなたが、自前で訓練を実施するための知識や経験が何もなかったとしても、心配することは何もありません。実際にやってみれば、「なあ~んだ、こんな事か」と思うはずです。

訓練に関して教えてくれる人が周りに誰もおらず、全て独力で解決しなければならないのであれば、恐らくはつまずいてしまうことがあると思います。しかし、今のあなたの目の前には、「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」と、このWEBサイトがあります。あなたがつまづきそうなところの解決策は、既にここに用意されています。

あなたは先人が苦労して得た知識と経験を受け継げばいいだけです。先人が苦労したことを、あなたも同じように苦労する必要はありません。

標的型攻撃メール対応訓練実施キットの長所とは?

訓練実施にかかるコストが抑えられる
ポイント訓練を業者に委託することなく、自前で実施すれば、かかるコストが抑えられます。キットの購入費用は5万円台です。訓練実施サービスを利用すれば、自前でやる場合の数倍~数十倍のコストがかかってしまいます。予算が限られている企業様にとって、この差は無視できないものだと思います。⇒キットの価格と構成
ツールがあるので手間がかからない
ポイントキットの特徴は何と言っても、面倒な作業を楽にしてくれるツールとテンプレートが付属している。ということです。

1.模擬のマルウェアを作成するためのプログラムテンプレート
2.訓練メールの本文作成の参考となるメール本文テンプレート
3.模擬のマルウェアを開いてしまった人の情報を集計するツール
4.訓練メールを一括送付するためのメール送信ツール

かかるコストを抑えるための代償が「面倒な作業」では、コストを自己犠牲に置き換えているだけです。自前でやりながらも、手間をかけずに、訓練実施サービスを頼んだ場合と同等、またはそれ以上のクオリティで訓練を実施することを実現する。キットはそのためのものです。
新たな設備を購入しなくて良い
ポイント業者による訓練実施サービスの説明では「専用の設備」が登場します。このため、専用の設備がないと訓練が実施できないと思ってしまうお客様もいらっしゃいますが、そんなことはありません。キットでは専用の設備は使用しません。ということは、訓練の実施に際して、新たな設備を購入頂く必要は無い。ということです、今お持ちのパソコンがあれば、訓練は十分実施できます。
手引書があるので初めての訓練でも安心
ポイントキットには訓練を実施するのが初めて。というお客様でも訓練を実施して頂けるよう、訓練実施の手引書をお付けしています。ツールの使い方のみならず、訓練実施の方法そのものからご案内をすることによって、訓練をより充実したものとしていただきたい。という想いから、このようなドキュメントをご提供しています。キットが提供するものは「道具」ではなく、充実した訓練を実施頂くための道標です。
ユーザ向けの教育資料も付属
ポイント訓練実施の大きな目的は、従業員のセキュリティ意識レベルの底上げです。このためには、セキュリティ教育のためのコンテンツが欠かせませんが、これをゼロから作成していたのでは大変です。キットではこの手間を省いて頂けるよう、修正可能なMicrosoft Wordのドキュメントという形で、ユーザ向けの教育資料をお付けしています。この資料をアレンジしていただければ、独自の教育コンテンツを作成いただけます。

以上、いかがでしたでしょうか?他にも本サイトでは様々な情報をご用意しています。本サイトのトップページや、本ページのサイドに設置している各ページへのリンクをクリックして、他のページも是非お読みになられてみてください。そして、実際にキットを使って、あなたの事業所においても自前での訓練が実施できることを確かめてみてください。

このサイトに掲載している情報や、キットを実際に使用して得られる体験は、やはり業者に任せようと判断された場合でも、きっと役に立つことと思います。

キットでは無料モニター制度をご用意しています。お問い合わせはお気軽に

ご連絡先メールアドレス 必須入力
(ご返信先のメールアドレスを入力願います)

※GmailやYahooメールなど、フリーメールやプロバイダのアドレスを用いた、所属組織を特定できない匿名の方からのお問い合わせに対しましてはご返信をしておりません。

【差し支えなければ、本サイトに訪問いただいたきっかけについて教えて下さい】

以下の2項目について選択をお願いします。

お問い合わせ内容

複数選択可

必須選択

キットの見積依頼、もしくは、キットをご注文の場合は、以下いずれかを選択して下さい。

上記以外のお問い合わせに関しては、以下いずれかを選択して下さい。(複数選択可)

※「その他のお問い合わせ」を選択された場合は、下記の「ご連絡事項・ご相談事項」に具体的な内容をお書き添え下さい。
※キット説明会につきましてはこちらのページをご参照ください。
※標的型攻撃メール対応訓練実施キット2018についてはこちらのページをご参照下さい。

zipファイルを受信できるか否か

必須選択

※返信に際して資料をお送りさせていただく場合に、Gmailなど、zipファイルを添付したメールは受信できない環境がございますため、お尋ねします。

以下は任意入力の項目となります。伝えておきたい項目がございましたらご入力下さい

企業・団体名  任意入力
所属部署名  任意入力
ご担当者様名  任意入力
書類送付先ご住所  任意入力
ご連絡先電話番号  任意入力
ご連絡事項・ご相談事項
(頂いた内容には心を込めてご返信致します)

任意入力

※「送信する」ボタン押下後、Thank youページにジャンプしない場合は、必須項目が未入力か、メールアドレスが全角で入力されているなどの誤りがあるかのどちらかですので、ご入力いただいた内容をご確認ください。
キットのご購入に関するご説明をご覧になりたい方は、こちらのリンクをクリックして下さい。
※上記フォームがご利用になれない場合は、お手数ですが、ask@kunrenkit.jp宛にメールをお送りください。
※弊社プライバシーポリシーに関するご説明はこちらのページをご参照ください。

サブコンテンツ